Calendar

<< 2019/3  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

集う人々

2019.03.06 (水)

前回、新たな企画のお話しをさせて頂きました。
「模型が造れるお店 Progress」に集まる人々が
「古河模型サークル「承」」を形成しているわけですが、
「模型好き」という共通するワードで結びついている以外、
年齢、性別、職業、住処は正にバラバラの、
実生活では決して交わることの無い、様々な人で構成されております。
結成から5年。多くの人がサークルに参加してくれるようになりました。
基本、「Progress」で模型を造っている内に、サークル活動への
興味も増していったという形ですね。
勿論、それ以外にも展示会に毎回足を運んで下さり、
そこで興味が高まり入会して下さるかたもいます。

今回は我々のサークルには珍しい、御夫婦揃ってのメンバーを
紹介したいと思います。
女性個人のメンバーはいるのですが、御夫婦揃っての参加は
この一組のかただけですね。

こちらの御夫婦は先にも記述致しましたように、
毎回展示会に足を運んで下さる方たちでした。
そこから「Progress」に通うようになり、そのままサークルへ参加、
今では重要な運営も担って下さっております。

元々、御主人が模型好きなのはパターンとしてよくある事。
それに加え、奥さまは絵を嗜まれておりまして、
御主人の塗装をする姿を見て、奥さまも興味が湧いたという
こちらは稀有なパターンですね。素晴らしい。

この5年間で様々な人を見てきました。
悲しく残念なのは、模型を造りたい思いは人一倍あるにも関わらず
家族の理解が得られないばかりに、それを断念せざるを得ないケース。
溶剤臭が付きものの「模型製作」。それに御家族が拒否反応を
示されるのは当然理解出来ますし、小さなお子さんがいる家庭では
その有害な影響も考えられますので、
「模型製作」が環境的にNGになってしまうのは致し方ない事です。
その様な環境に身を置かれているかたでも、「Progress」に通い、
そこで模型製作をされているかたもいらっしゃいます。
でも、ちょっと肩身の狭い思いをされているかなぁあと、
老婆心が頭をもたげることもしばしば・・・
しかし、当人は本当に楽しみながら通われているので、無問題ですね。

そこで先に紹介致しましたこの御夫婦は、今では揃って
自宅で模型製作、「Progress」に来ては模型製作と、
三昧続いてまた三昧と。「巧くなりたい」という気持ちも手伝い、
凄まじいスピードと熱量で取り組んでらっしゃいます。
ここで特筆すべき点をもう一つ。
今までは、友達同士や恋人同士での「Progress通い」や、
サークルへの参加はありました。
共通の趣味を持った互いが楽しみながら通い、参加されていました。
が、ある時期を過ぎるとお互いの間に問題が起きることが
少なからずあるように見受けられました。
それは、友人同士間やパートナー間での製作技術の差が
いつの間にか広がり、それに基づいた嫉妬心からお互いの関係が
破城してしまう、そんな悲しいケースです。
嫉妬心を抱く一方が、その気持をどうしようも出来なくなり、
やがて「模型はもう飽きた。」「まだそんな下らない事やってんの?」
と、一方を攻撃するまでに至るケースも少なくないのですね。
嫉妬心、恐ろしいですね。
子供が思った以上に巧くなり、親がこの嫉妬心を抱くケースも
あるのですよ。信じられません。
私のあくまで主観ですが、この嫉妬心を抱くパターンは
男性側が多いように感じます。
恐らく、父親が子に教える、彼氏が彼女に教える、夫が妻に教える、
圧倒的に男性人口の多いこの模型趣味。
「先にやっていた先人としての、また男としてのプライド」
というのでしょうかね。
それがこの悲しい結果をもたらすようです。
こんなケースを沢山見てきました。
そんな経験があるからこそ、この御夫婦が「Progress」に通う様になって、
また、サークルに参加するようになってからは、
多少なりとも心配の眼差しで様子を伺っていたのですが・・・
それは全くの杞憂でした。
この御夫婦は過去のケースとは全く違う御二人でした。
共通の趣味を持っても競うことはせず、互いのリスペクトを保ったまま、
常にどちらも一歩引いて環境に身を置いているようでした。
また同じ「模型」と申しましても様々なジャンルがあります。
そのジャンルが夫婦間で被らなかったもの大きいかなと思います。
御主人はメカ物から萌え系フィギュアまで、エアブラシを用いて
綺麗に作品を仕上げるタイプ。
奥さまは自身の絵画技術を応用したリアルで生々しい表現を目指すタイプ。
仕上げてくる作品も全く様相が異なります。
模型という共通趣味に身を置いていても、目指すゴールが
違っているのですね。
これが良い関係を保て続けられる要因なのかもしれません。
(間違っていたらゴメンナサイ。)

昨年の展示会では「模型製作教室」のスタッフまで
御夫婦で務めて頂きました。
もう欠かすことの出来ない主要メンバーです。
これからもお互いを尊重しあい、良き夫婦として、
そして良き「模型人」としてあり続けてくれる事を
願ってやみません。

この御夫婦も今週末の企画
「It's my life~俺の生き様を見てくれ」に参加しております。
「Progress」にて模型製作に励んでらっしゃる事と思います。

最後にお二人の作品を紹介して〆とさせて頂きます。

ファイル 108-1.jpeg

ファイル 108-2.jpg

ファイル 108-3.jpg

ファイル 108-4.jpg

ファイル 108-5.jpg

古河模型サークル「承」 次回の活動は・・・

2019.03.04 (月)

また御無沙汰となりました。三か月ぶりの更新になります。
年間を通じまして、作品展示会を中心に活動を致しておりますが、
この度、新たな企画を立ち上げましたので告知致します。

ファイル 107-1.jpg

「模型サークル」=「作品展示会」という、当り前の概念の元、
今まで五年間の活動を行っておりました。
年に大小含めた展示会を数回開催し、サークルとしては
実績も重ねられ、運営は順調そのものでした。
先の概念からも暗黙の内に、この活動サイクルで「良し」と
何も疑わず五年間を過ごすに至った訳です。
そして恒例になりました春の「小展示会」の開催に向けて
準備を始めようとしておりました矢先、ある議題が上がりました。

主に展示会へ足を運んで下さる方々から、サークルの日常、
普段での活動内容を知りたいとの問い合わせが多いとの事でした。
答えは勿論、「展示会へ向けての作品造り」となりますが・・・
しかしそこは「模型が造れるお店 Progress」と
岩田店長を中心として結成されたサークルです。
この答えではダメだろうと。

ファイル 107-2.jpg

メンバーは常に模型を造り続けておりますが、
足蹴く「Progress」に通い、岩田店長から学び、
そして真剣にワイワイと楽しく模型製作をしております。
老若男女問わずです。
黙々と一心不乱で製作に没頭する者、お喋り交りで軽やかに
製作する者、傍らで岩田店長から模型講座を受講し勉強する者、
ボーっとしている様で、実はボーっとしてるだけの者と。
多々様々な取り組み姿勢ですが、それが破城せずに
「Progress」店内で不思議と調和しております。
勿論、展示会というゴールを目指した製作活動になります。
これがサークルの日常風景ではないかと。
これを紹介するべきではないかとの答えに辿り着きました。

ファイル 107-3.jpg

そこで、次回の「古河模型サークル承」」の企画は・・・
「模型が造れるお店 Progress」での制作風景を見てくれ!
に、決定致しました。
「Progress」にメンバーが集まり、個々に模型製作を致します。
「承」のメンバーってどんな人達が集まっているの?
「Progress」ってどんなお店?
それを観に来て頂ければと思います。
開催日は今週末の3月10日(日)になります。
「Progress」営業時間内ならばいつでも来店OKです。
当日はかなりオープンにやっておりますので、
気軽に足を運んでみて下さい。

ファイル 107-4.jpg

「模型が造れるお店 Progress」と、
「古河模型サークル「承」」の活動を知って頂く上でも
良い機会だと思っております。

メンバー達は普段の行動と変わりありませんが、
当日は様々な質問等にもお応え致します。

古河模型サークル「承」メンバーの日常

「It's my life~俺たちの生き様を見てくれ!」

と、称してお送り致します。

どうぞ宜しくお願い致します。

2019年 あけましておめでとう御座います。

2019.01.01 (火)

久々の更新となりました。
あけましておめでとう御座います。

ファイル 102-1.jpg

昨年は小規模な展示会を数回と、秋にメインである大きな作品展を
変わらず開催出来ました。
関わって下さった全ての皆さまに御礼申し上げます。
勿論、今年も展示会を中心に活動致したいと思っております。

ファイル 102-2.jpg

「模型が造れるお店 Progress」岩田店長を中心に
模型をこよなく愛する人間達が集まり活動しております。

ファイル 102-3.jpg

おかげさまを持ちまして、昨年秋の作品展は活動5年目にして
展示作品展数、来場者数を大幅に更新し非常に意義のある
内容にておおくりする事が出来ました。
今年は更なる躍進を目指し頑張ってまいります。

ファイル 102-4.jpg

日々模型を製作していれば、完成品が溜まっていくのも必然です。
自宅の棚に収容するも、ネットにUPするも、それだけでは・・・
直に観て観られて、生の感想を言い言われる事が醍醐味の展示会。
確実に「模型製作」という趣味に+αがなされる事と思います。
勿論、もっと気軽に参加される方々も多くいらっしゃいます。
人との交流、その肴に「模型」をと、そんなスタンスでも
宜しいと思います。

ファイル 102-5.jpg

今年はそんな幅広いニーズに応えながらも、
誰もが参加しえる模型サークル活動を念頭に
精進したいと思っております。

どうぞ、今年も宜しくお願い致します。

2019新作スーパーコピーブランド 通販 !

人気新品★2019新作登場★揃っている。ブランドコピー時計http://www.ninkitokei.com/、財布、雑貨、小物商店
日本的な人気と信頼を得ています。
激安、安心、安全にお届けします.品数豊富な商品情報HPはこちら!!どしどしご来店ください!!!
商品数も大幅に増え、品質も大自信です
日本では手に入らない商品も、全て卸売りします。

大人気ブランド時計:ロレックス スーパーコピー
ウブロ スーパーコピー

大人気ブランド財布:ルイヴィトン スーパーコピー

モンクレール スーパーコピー2019新作

「第五回古河模型作品展」 会場風景~最終回~

2018.10.09 (火)

作品展が終了し、連日に渡って紹介させて頂きました会場風景。
15回を迎える今回で最終回となります。
古河スペースUホールという大きな施設を利用してのこの作品展。
その会場が決して寂しい雰囲気になる事もなく、
皆さんがこの日の為に製作した作品で埋め尽くされました。
運営と致しましては一番心配する事案だけに、
設営が終わった後の会場を観た瞬間に「良かった・・・」と、
胸を撫でおろした次第です。本当にありがとう御座いました。
参加して下さったお一人お一人に御礼申し上げます。

それでは会場風景紹介。最終回は「Progress」岩田店長の作品です。

ファイル 93-1.jpg

ファイル 93-2.jpg

ファイル 93-3.jpg

ファイル 93-4.jpg

ファイル 93-5.jpg

古河模型サークル「承」を立ち上げ、代表として様々な企画と
運営に尽力して下さっております、
「模型が造れるお店 Progress」岩田店長。
今回の作品展でも大きな企画を立ち上げて下さいました。
そして岩田店長の作品群を紹介致します。
この画像だけでもほんの一部になります。
また、一年を通して製作された作品は更に膨大な数になります。
全てを紹介出来ない事が非常に歯痒いです。
こればかりは「Progress」にて直に観て頂きたく思います。
模型の奥の深さ、更なる楽しさを発見出来る筈です。
岩田店長を介して知り合った人々が「Progrss」メンバーであり、
「承」の運営でもあります。
これからも岩田店長の元、メンバーも運営も精進してまいります。
今後ともどうぞ、宜しくお願い致します。

これにて「第五回古河模型作品展」の紹介を終了致します。
ありがとう御座いました。
また来年、お会いしましょう。


スーパーコピーブランド:http://www.ninkitokei.com/
スーパーコピー激安,人気コピー通販確実に届くスーパーコピーブランド専門店!
今最も注目を集めている2019最新作時計です。

ロレックススーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-5.html
ウブロスーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-41.html
グッチ スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-77.html
ピアジェ スーパーコピー http://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-76.html
バレンシアガ スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-27.html
ロジェデュブイ スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-55.html
リシャールミル スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-50.html
ハリーウィンストン スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-53.html
ベルルッティ スーパーコピーhttp://www.ninkitokei.com/brandcopy-l-79.html

「第五回古河模型作品展」 会場風景~14~

2018.10.05 (金)

模型を黙々と造り続けるには良い季節になりつつあります。
今年の夏は特別暑かったので、殊更にそう感じますね。
読書の秋、スポーツの秋、食欲の秋ですか。
日本各地で模型展示会が続々と開かれるのもこれからですね。
そう、秋は芸術の秋でもあります。爆発させましょう。

では、会場風景その14です。

ファイル 92-1.jpg

ファイル 92-2.jpg

ファイル 92-3.jpg

性別、年齢、出身全てベールに包まれ
風のように訪れ、風のように去って行く。
その姿もほんの一握りの人しか知らない。
謎のモデラー「Mr.マスター」が作品を展示して下さいました。
これらの作品も全て「ガイアカラー」で仕上げられているとの事。
素晴らしい作品を画像で正確にお伝え出来ないのが歯痒いです。
その作品で出された本当の色味。偏光の具合。
煌びやかなメタリック塗装。そして細かな作り込みと。
これらの情報を100%、画像で伝えるのは不可能ですね。
やはり作品は展示会等で直に観るに限ります!
一期一会ですね。

それではまた次回に。

ページ移動