Calendar

<< 2018/10  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

記事一覧

諸々に気を付けて

2017.06.23 (金)

日中の気温が上がっても、朝晩はまだ過ごし易い。
こんな時期には風邪を引きやすいものです。
ついつい窓を解放したまま寝てしまい、朝起きると喉が痛いなんて
・・・やりがちですね。お気を付けください。

模型を作る上での苦手な作業。・・・色々ありますね。
ヤスリがけ?接着剤を使用した組み立て?塗装?
個々によって様々でしょうが、私は我慢が苦手ですね。
「模型製作」とは直接関係ありませんが、特に「買う」事が。
えぇ、「良いな。」「欲しいな。」と少しでも思うと、
もうキットだろうが道具だろうが買ってしまいます。
模型製作の道具といえば消耗品が殆ど。
なので道具が山積みになる事はありませんが、キットがね。
そりゃ「積んで」ますとも。
えぇ、そびえ立つこと山の如しですよ。
「積みは罪」、「キットは作られてはじめて喜ぶもの」
分かります。十二分に理解しております。
しかし、これも個々によって捉え方は様々ですね。
「作りたいキットがいつでも手の届く所にある」
この状態に至上の喜びを感じる人もいます。私です。
確かにまず「買って」一段落するのも事実ですが、
決してそれで終わった訳ではありませんよ。
作らずとも箱を開けて説明書をじっくり読んだり。
まだ組み立て前のパーツを唯々眺めたりと。
まぁ、愛でる訳です。
そこはね、模型好きという人種のカテゴリー分けでは
「積む、積まない」は関係なく一緒ではないかと。
要は愛で方の内容が違うだけですね。
欲しいものがドンドン発売されちゃいますから、
製作ペースが追い付かなくともドンドン買って。
メーカーさんの気合には負けないぞと。
製作ペースより、買うペースの方が圧倒的に早いので、
このような状況になっておりもんすね。
まぁ、今に始まった事ではないですし、
家族、友人、親しい方々に迷惑を掛けている訳でもありませんので
このまま、「だらしない」と陰で言われようが、
我慢出来ない性質を制御せずにこれからも生きるつもりです。

たまにね、「お!今月は頑張った甲斐があって沢山完成した!」
なんて事もありますとも。
しかしねぇ・・・その直後に頑張った自分にご褒美として、
完成した数の倍以上買ってしまうんですもの(笑)
ギャンブルもやらなければ、お酒も一滴も飲みません。
家の中で山積みになったキットの中心で、お地蔵さんのように
佇んでいるだけです。
なんて人畜無害なのでしょう。
これで幸せを感じる人間もいるってことですね。

苦手な作業といえば、「承」の「T」さん。
「表面処理」が苦手らしいです。
ちょっと昔の合いが悪いパーツの多いキットなどは、
無間地獄を感じるそうです。
それでも「バシッ!」と決まった時は無常の喜びを感じるそうです

ファイル 14-1.jpg

「ビバシッ!」っと決まった画像を頂きました。
「明日に向かって撃て!」だそうです。

過信

2017.06.16 (金)

・・・あの時、確信もないまま俺・・・いや、私は「出来る」と
思ってしまったのだろう・・・

少し厚めのデカールを貼り付けたあとの、いわゆる「研ぎ出し」。
正しい手順も聞いて、じっくりゆっくり丁寧にコートして、
「頃合い」と踏んだこの判断がまず間違い。
#1500でゆっくり段差を滑らかにしつつ・・・
「おっと、インクが漏れ出した(汗)」
「あれ!?デカールが持っていかれた!」
致し方ないので、ペーパーにてデカールを全て
落とす方向でやり直すか・・・と。
その瞬間、間違いその2が発動する。
「ぐおっ!デカールは落ちたが下地が出た!!(大汗)」
・・・この塗装は後からリカバリー出来ない(泣)

失敗に至る一連の流れです。
何故にもっと慎重になれなかったのか、
経験がまだまだ不足しているにも関わらず「出来る」と
簡単に思ってしまった事が一番の原因ですね。
この失敗を糧に、次に生かせば良いとポジティブに考えてますが、
いやはや・・・やはり失敗は凹みます。

でも、こんな失敗談もどんどん記事にしようと思っています。
反面教師的な内容も面白いですよね。

ファイル 13-1.jpg

下地が出た所を極力カバーしつつ、再度デカールを貼り直し
また一からやってみます。

ファイル 13-2.jpg

みなは巧くやっておるんだろうか。

手作り

2017.06.08 (木)

もう既に自宅でやられている方も多いと思いますが、
既製品ではイメージのものがないので、デカールを自作しました。

ファイル 12-1.jpg

「ミラクルデカール」という商品ですね。
インクジェットプリンタにて印刷可能で非常にお手軽です。
印刷の前後に確りとコートをしておけば、
懸念されるインクの滲みも出てきません。

デザイン、サイズと任意で制作出来ますので、
後は己のセンスのみ必要となります。
私はノーセンスですので、これが二回目の制作です。
今回は上手に貼れれば良いなぁ・・・

転ばぬ先の・・・

2017.06.01 (木)

エアブラシでしっかりと塗装して、巧くいった!やった!と。
仕上げのクリアーコートで完璧だ!とホクホクで。
しかしそこに落とし穴。
塗膜は乾ききっただろうと踏んで、手で触れてみると
そこが気持ちヌメッとした(汗)ヤバい!と焦っても後の祭り。
己の指紋さんがバッチリクッキリと刻まれました(泣)
もっと乾燥時間をおけば良かったと。皆さん経験ありますかね?
失敗を勉強として次回に繋げれば善しとポジティブに考えますが、
この「ヌメッと~の指紋刻み」今でもやってしまいます。
せっかちな性格がいけないのか、勉強が足りないのか。
ならばいつまで勉強すれば良いのか?

・・・

ファイル 11-1.jpg

乾燥器を買いました。

あら~見事に短い時間で乾燥しとる。

決して小さい物ではないので、スペースが必要ですが、
床に直置きでガンガン乾かしてやろうと思います。

もう転ばないぞと。

嵐の前の静けさか

2017.05.23 (火)

「Progress」主催の「オレ ブライアン」コンテスト。

ファイル 10-1.jpg

ブライアンが待つ中、徐々にエントリーが始まっているようです。
アイデア勝負という側面もある為、後出し有利とみた方々は
ある程度の作品が出揃う時期を待つ戦法をとるのでしょうか。
いやいや、数を出してナンボでしょ!と、言われる方も。

ファイル 10-2.jpg

黙々と仕込まれていますね。

どのような作品が集まるのか、今から楽しみです。

ページ移動