リンク集: ロレックス スーパーコピー カルティエ 時計コピー ブルガリ スーパーコピー ウブロスーパーコピー フランクミュラースーパーコピー タグホイヤースーパーコピー パテック フィリップスーパーコピー シャネル時計 コピー オメガ コピー スーパーコピーブランド通販 スーパーコピー時計 スーパーコピー スーパーコピーブランド, グッチ服 スーパーコピー, フェンディコピー, シュプリーム ヴィトン コピー, ウブロコピー, ロレックスコピー, オメガ スーパーコピー, タグホイヤー スーパーコピー, シャネルJ12スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, オーデマピゲ スーパーコピー, パテックフィリップ スーパーコピー, ブレゲ スーパーコピー, カルティエ スーパーコピー, スーパーコピー時計, ロレックススーパーコピー, ウブロ時計スーパーコピー, カルティエ時計スーパーコピー, シャネルバッグスーパーコピー, エルメスバッグスーパーコピー, グッチバッグスーパーコピー, オメガ時計スーパーコピー, パネライ時計スーパーコピー スーパーコピー時計 スーパーコピー

記事一覧

第5回古河模型作品展

2018.08.28

第5回模型作品展

古河市で開催される模型作品展
もの作りの楽しさを多くの人に知ってもらおう
そして自分たちが子供の頃から楽しんだプラモデル
(模型)を使ってその楽しさを何とか伝えられないものかと
回を重ねて開催をして来た作品展も今年で5年目となりました、

その作品展の節目としまして当店では
香坂きのサンをサプライズゲストとして
お招きすることになりました、

香坂きのさんと言えば
ガンプラのおねえさんとしてお台場(ガンダムベース)などで
活躍をしているプラモデルアイドル

その活躍ぶりと人気などは私が説明をするまでもなく
皆さんもご存知かと思います

その香坂きのサンが9月15日(土)限定で
子供たちにプラモデルの面白さ(作る)楽しさを
講師としてゲスト参加をしてくれることとなりました、

ファイル 411-1.jpeg_1

香坂きのサンの模型教室

バンダイガンダムプラモデル(ハロ)プラモデルを使って
製作から色塗りまでの楽しさを
香坂きのサンが一緒に作ってくれる教室となります。

※プラモデル塗料メーカー(ガイアノーツ)様からも
ご協力を頂いております。

【香坂きのサンの模型教室】
※小学生対象になり8才以下の参加者は保護者同伴

会場の教室は特別コーナーになり
香坂きのサン模型教室は観覧は自由になります

入場は無料 模型教室参加無料

参加人数は先着順になり※8月29日からの受付となります

受付窓口は当店になりご来店か
お問合せをしてください

お問合せ

spau6mh9@cure.ocn.ne.jp

宛にメールを送信してください。

そして私たち(モデラー)の強い味方
メーカー:ガイアノーツさんからは多くの会場で
話題をさらった塗装作例見本の作品の展示

マスクド13さんの作例見本作品と
ガイアノーツさんからは今回※初お披露目の
塗装作例見本作品が展示されます。

まだまだ告知を出来ないコーナーや作品もあり
目が離せない作品展になりますので
楽しみにして頂きたい

会場は(古河市役所古河庁舎)隣のスペースUホール
駐車場は隣接をする市役所駐車場をご利用ください

それではまた次回告知を楽しみにしていてください。

では、また。

見上げれば

2018.08.21

わたしは夕方の空を見る事が
子供の頃から大好きで
毎日みてはいるものの同じ空は二度と出会いません

さて
少し日が空きましたが
久しぶりの更新です、

模型と題してプラモデルを作っている人達が多い中、
私もその一人になりますが
少し一休みをして向かい合ってみる事も
大切かと思います

模型の趣味が自分にとって
今だけ盛り上げっている
瞬間的な趣味にはなってはいませんか?

ジックリ向かい合い
作品を作って楽しみ
そしてまた向かい合う事が大切です

私の場合は皆さんが趣味だから
趣味でやっているもので
と回答をすることを仕事として生きており
その皆さんの趣味だからと言っている
事を人一倍真剣に向かい合い日々を過ごしております、

メーカーさんもそうですが
皆さん必死にやっており
ふざけて遊びの延長線上で経営をしているひとは一人もおりません

ファイル 410-1.jpg

そう趣味なんでと言って逃げる事が出来ず
皆さん真剣に取り組んでいる事を
忘れないで下さい

プログレスも今年で5年目になりますが
よい節目として多くの内容をリセットをし
もう一度スタート地点に戻る決意になりました、

その結果が皆さんにとって
魅力のないものになるかもしれませんが
今まで営んできた結果ともなり
私も真剣に受け止める覚悟です

また機会がきましたら
キチンとした形でご挨拶をすることになりますので
どうぞ宜しくお願いします

では。

店長の当時よく見かけたシリーズ

2018.08.05

暑い日が続く毎日ですが皆さんは
模型つくりを楽しんでおられますか?

クーラーのガンガン効いた当店では
暑い夏も感じなく皆さん楽しく製作をしております。

そして私はやっぱりカーモデルを作っておりまして、

今回は77年式のトヨタ セリカクーペを作りました

この車は私が実車に興味をもった頃から
街でよく見かける車になりまして

私が免許を取った頃にもまだ現役で走っていたセリカです、

ファイル 409-1.jpg

キットはアリイ
皆さんは中々手を出さない感じのメーカーさんで
勿論 当時モノをそのまま使ってメーカーさんが
販売をしているキットになりますから
現在のキットと比べてしまうと
不満が出てしまう事もあるでしょうね

でも

でもですよ

当時モノをいまの自分のスキルと
道具、塗料で作って楽しむことが出来るようになれば
また違う楽しみでプラモデルの趣味が出来ると思います

キットを買って塗って作って出来上がってしまう
現在のプラモデル

今から40年も前にはプラモデルは素材でしかなく
今の様には簡単に作れるものじゃありませんでした

当時の人たちはその素材を使ってどう完璧に仕上げるか?
その素材を生かすにはどうすればよいのか?
と色々な事を試して作品を作っていた
モデラーさん達がいたことを忘れないでいてください

その素材と呼ばれていた時代のキットを
いま、もう一度手に取り楽しむのも
いいものだと思いますよ

では、また。

店長の当時よく見かけたシリーズ

2018.07.24

95'~2000年にかけて
ゼロヨン族という400メートルに命をかけた男達が
日本全国におりました

その中でスカイラインと言ったら
このR30

ホワイトのボディにブラックの帯
そしてワタナベのホイールにターボで決まりと
土曜の夜は各地でゼロヨンを楽しんでいる
人達がいたと思います
(当時は女性もおりました。)

ファイル 408-1.jpg

たかが ゼロヨン?
そんな事はありません
その数秒にロマンがあり、生きがいを感じている
男達は確かに実在しました

クラッチを切るタイミング
そしてコンマ何秒のシフトチェンジ
自分のマシンへの愛情が伝わった時にだけ
見える世界
この世界を見る為に駆け抜けた男たちの愛車
それがこのスカイライン(鉄仮面)ターボCです。

※こちらの話は全て取材をもとに話しております。

では、また

熱中症に注意

2018.07.15

7月の三連休中日
皆さんは山や海へとレジャーを楽しんでいますかね、

そこで、経験者からのアドバイス
熱中症はマジヤバイです、
気が付かないうちになっていて
気が付いた時には遅いという病気

原因は水分不足になり
毎日定期的にアイスコーヒーや
トレーニング時にはスポーツドリンクを1リッターは
飲んでいるのになぜ?

それでもヤツはやってきます

目眩や吐き気、物凄い頭痛が突然襲ってきまして
頭をガンガン冷やし
涼しい部屋で横になっていても
吐き気と頭痛でもう大変

ファイル 407-1.jpg

経口補水液がとてもよく
一日に二本を目安にゆっくりチョビチョビ飲むのがベスト
すると次の日はスッキリしてまた元気

ですがここが落とし穴だったようで
一回熱中症になってしまうと
完全に感知をするのが大変らしく
治ったと思ったらまた熱中症と繰り返し悪くなるのです

一日二日では治る事はなく
一週間は安静にしないと
段々悪くなってしまう恐ろしい病気だそうで

なるべく早く病院にいったほうがベストだそうです

プラモデルを涼しい部屋で作っいても
水分補給はいつも以上にたっぷりとる事を
心がけて夏のプラモデル作りを楽しんでみてください、

では皆さんも
楽しい連休をお過ごしくださいね

では、また。

もう一度夢中になろう

2018.07.07

梅雨も明け、夏真っ盛りの毎日ですが
皆さんも手先を動かしておりますか?

今回は懐かしい車
トヨタカローラセダン79'
この車はうちの父親が初めて買った車になりまして

教習所通いから小さい私を連れまわし
車を運転する父の背中を見て育ちました

その懐かしい思い出がいっぱい詰まっている
カローラを今回つくって楽しみました

どの時代になっても
生活の中心にあるのが車

皆さんも車一台一台に沢山の思い出があると思います
そんな車の模型を作りながら
想い出に浸るのもいいもので
模型をつくることの意味が
また違ってくると思います、

ファイル 406-1.jpg

このキットをつくってみて
1979年頃に色々な思い出がある人が
日本中に沢山いるんじゃないかな?

そこにはひとりひとりのドラマがあり
作品をみて一瞬でもその時代に戻れた気がしてくれたら
作っている私は嬉しいです

ただのカーモデルなんて言わせない
ドラマをみせる作品をまた作って楽しみますね

では、また。

アオシマ1/24 ケンメリ

2018.06.26

店長の青春グラフティシリーズ
最新作はケンメリ編

1970年代後半から
日本ではツッパリブームが訪れました

古河がロケ地になった
映画「星空のマリオネット」は地元民なら誰でも知っている
名作、

そしてその時代にはスカイラインをシャコタンにして
段差よけをしながら自分の手足のように扱う漢達がおりました、

ファイル 405-1.jpg

この時代にはローダウンなってシャレた言葉は日本にはなく
ハの字シャコタンという
つっぱりのステータスがありました、

ファイル 405-2.jpg

~当時の少年Iの話し~

地面をはいつくばるように走る車
そして右や左に小刻みにハンドルを切り
段差除けををしながら爆音で走り去る
スカイラインの丸テールを振り返り見た風景は
少年の心にシッカリと焼きつき

何年か後には絶対にオレも乗りまわす!
漢の背中を見た少年はあこがれ
夢に向かって多くの漢の努力をして
その精神を受け継ぎました、

ファイル 405-3.jpg

そして少年Iがデビューを迎えた時代には
つっぱりではなく次の世代の不良
ヤンキーが現れました

80年にはヤンキーがブームになり
ヤンキーカーとしてハの字シャコタンにフルエアロと
姿は変わりましたが漢の意思はシッカリと受け継がれ
日本中で自慢の車で走り回る
漢達がおりました

~一章おしまい~

ファイル 405-4.jpg

その古き良き時代を
自分のデスクの上で楽しめるのも模型にひとつ
色々な風景を模型を通して
何となくでも感じる時間が
みて頂ける人たちに伝われば嬉しいですね

では、みなさん、次回でも。

アオシマ1/24 トヨタ79`マークⅡ

2018.06.19

梅雨にも入り
塗装が大丈夫かな?などと悩んでいるモデラーさんも
多いかと思いますが
当店で製作をすればガシガシ作れ
また天候なんて
一切気にしない
店長の青春グラフティシリーズは毎回晴天!
まそしてだまだつづきますよ

今回のグラフティはこちら
トヨタマークⅡ
この車は私の青春時代には現役で走っておりまして
あちらこちらで走っている姿を多く見ておりました

ファイル 404-1.jpg

そして80年代後半になり
シャコタン文化でも大いに活躍をし
消え去った一台になります。

ファイル 404-2.jpg

今回の作品は派手にぜず地味な一台を作ってみようと
製作を開始
当時のボディカラーをガイアカラーで再現をし
メタリックブラウンで塗装をしてみました、

ファイル 404-3.jpg

地味なオジサン車だってこうして
青春グラフティで仕上げれば
飾っていて飽きない作品に仕上がります
現行車にない
アメリカンテイストのボディライン
カッコイイですね、

ファイル 404-4.jpg

店長の青春グラフティシリーズはまだまだ続きます
というか?
まだ作り足りない表現もあり
暇をみつけて作っていきますので
また次回

では、また、

アオシマ1/24 ハコスカGT_R

2018.06.11

キャラクタープラモデルもひと段落をし
今度はカーモデルの製作でもしようと
毎日コツコツと作っておりまして、

先日またひとつ完成をしたもので
投稿させて頂きます
今回のキットはアオシマ製
リバティーウォークのハコスカになり
とっても人気の高いキットになっております

そのキットを使って
我が青春の一ページと題して
拘りのハコスカを作ってみました、

それがこちら
↓↓↓↓

ファイル 403-1.jpg

当時発売をしていたブルーメタリックのハコスカは本当にありましたが
多分GT-Rにはこのブルメタ仕様は無かったと
記憶にしております

ですが以前に作ったハコスカGT=Rキットがオリジナルカラーでの
製作になり
ちょっと変わった仕様で作ってみようと
ブルメタのハコスカを作って楽しみました

ファイル 403-2.jpg

当時のブルメタの資料を集めガイアカラーで調色して
シブいハコスカに仕上げてみまして
多分このハコスカをみて
これって・・
っと思う人もいるかと思いますが
そうです、
いちばん有名な「ジュンちゃんのハコスカ」仕様
にして 楽しい青春の思い出と
懐かしい時間を楽しめました、

ファイル 403-3.jpg

そして我が人生の一番の拘り
車高の低さとリアウイング
もっとも拘りたい所は車全体のバランス
タイヤはフェンダー面一にして
リアタイヤはㇵの字
派手過ぎずさりげないポジションをキープをし
チンスポの高さは
タバコひと箱分で決まりだぜ!
と 当時からブレない拘りを
模型だからとあきらめないで再現をするところも
また楽しい漢の拘り

いまでは買えないハコスカもこうして
作って飾る楽しみをプラモデルで楽しんでみてください

では、また。

アオシマ 1/24 トヨタ プロボックス

2018.05.29

久しぶりの投稿になりますが
当店ではカーモデルの製作が旬になりまして、
私も少しだけプライベートで製作をしております、

なかなか諸事情でお見せする事が出来なくなっておりますが

タイミングをみて
投稿をしたいと思っております、

そして今回はアオシマさんのプロボックス
このキットが発売になった時に
色々なアイデアが沸き
製作をするタイミングもまっておりました、

ファイル 402-1.jpg

メーカーの作例だと勿論ノーマルな仕上がり
勿論これもいい感じに作って欲しくなるキットの作例になりますが

ここはやりたい事、やってみたい事を
やる事が幼い頃からの私のライフワーク

そして今回エアロを付けて製作をしてみました、

ファイル 402-2.jpg

製作コンセプトは
当店のイメージカー(宣伝カー)になりまして
外装は派手にそしてスタイリッシュに大人っぽく渋い車
を作ってみました

ファイル 402-3.jpg

外装にはボディパネルを張り付け
リベット止めをしたオーバーフェンダーは
リバティーウィーク社製をイメージして
R35 GT-R風に仕上げております

ファイル 402-4.jpg

リアのシルエットはスカイライン伝説の丸テールに変更し
リアバンパーにマフラーまでまんまR35風に仕上げております

ファイル 402-5.jpg

この作品(プログレックス)は
イベント、展示会のみのお披露目になり
当店にての展示はしておりません、

秋の作品展には何とかと考え中になり
その時まで少々お待ちください、

では、また
次回で。

ページ移動