記事一覧

吉本プラモデル部ドム選手権その弐

2017.12.07

吉本プラモデル部 ドム選手権参加
作品紹介その2にまりますが、

当店で製作をし某スタジオで撮影をした作品
になりまして、
キチンとやってるでしょ!とだけ言わせてください、

さて今回の作品は
ガイアノーツさんの作品になりますが
選手権に一緒に出て頂いて、
参加者のみなさん喜んでおりました、

ファイル 358-1.jpg

そして2機目の作品が
hiroto氏のドム
オーストリアをイメージしてマリンブルーで
作ってくれました、

ファイル 358-2.jpg

つづきまして
OKAYASU氏の2機目のドム
アメリカをイメージして作ってくれました、

ファイル 358-3.jpg

そして
最後に
二代目フェラーリ野郎氏のドム
韓国を意識して作ってくれました

ファイル 358-4.jpg

各国のドムというお題を決めて
製作をはじめ
その作品にストーリーをもたせて
作品を発表して参加をした
ドム選手権になりましたが、

結果はどうあれ
目標に向かって作った作品は
記憶に残る作品になった事でしょう、

皆さんも目標をたてて
模型を作ってはいかがでしょうか?

参加をして下さった皆さんお疲れさまでした
また頑張りましょうね、

では、また。

集合6

2017.11.28

オレブライアンコンテストX3

エントリー作品ニッサンGT-R

毎回エントリーをしてるれている
お客様の作品、

今回はブルーのGTRを魅せてくれました、
ツートンに塗られたボディは
グラデーション塗装をして
アイデアとセンスでの作品になります、

ファイル 354-1.jpg

製作者はワイスピが好きなだけあり
映画に出てきそうなイメージもどこかにある
作品を作ってくれました。

ファイル 354-2.jpg

リアには大型のGTウイング
そしてフロントから流れるブルーのエンドは
シンプルにまとめ上げエアーブラシの醍醐味となる
グラデーション塗装もバッチリ決まり
COOL!

ご参加 有難う御座いました。

作品タイトル
Beautful Life
使用キット
アオシマ NISSAN GT-R リバティウォーク
製作・すだくん。

集合5

2017.11.26

オレブライアンコンテストX3

エントリーNo5
メルセデスAMG GT3

毎回精力的にオレブライアンコンテストに参加をしてくれている
二代目フェラーリ野郎さんから

今回は少し違った作風で参加をしてくれました、

イメージは
戦闘機の飛燕
そのもっとも有名な名機をアイデアとし、
この前発売になったばかりのキットで仕上げてくれました。

ファイル 353-1.jpg

ボディは飛燕をイメージしカーキ色
そして表面はマッドな仕上がりで重厚な演出をしており
コクピットに至るまで
戦闘機の機体内部色を使う拘りよう、
ありそうで無かったオレブライアン作品になりました、

ファイル 353-2.jpg

大型のGTウイングでリアを着飾り
マッチョな感じで仕上げたメルセデスはCOOL!

ご参加有難う御座いました。

作品タイトル
AMG
使用キット
TAMIYA メルセデスGT3
製作・二代目フェラーリ野郎

集合4

2017.11.25

オレブライアンコンテストX3
エントリーNO4

NISSAN GT-R リバティーウォーク

当店で一番人気のGTRでオレブライアンに初参加を
して頂いたYABUKI氏の作品

カーモデル歴は去年からの製作になり
エアーブラシのスキルはリセットしてからの作品となっております

グイグイ実力を見せくれる
GTRをご覧ください、

ファイル 352-1.jpg

パールオレンジが輝くボディに
ブラックのオーバーフェンダーがオレンジを引き締め
安定の作品になっております、

下地から色を選び
最後にオレンジパールを塗って
渋めのパールを演出をするあたりが
考えられたパールテクニックになっております、

ファイル 352-2.jpg

パールは下地が命となり
何色にこのパールを塗るとこうなるとか
計算されつされたGTR作品

「皆さんもご本人にでも質問してみるとよいと思いますよ」

塗装面も薄く
クリアーも実車感のある光沢にCOOL!

作品タイトル
Prominence
使用キット
AOSHIMA NISSAN GT-R リバティウォーク
製作・YABUKI

ご参加有難う御座いました。

集合、3

2017.11.24

オレブライアンコンテストX3

エントリー作品 GT-R32
今回初参戦のお客様の作品になり、
カーモデルも初めての製作になった記念モデル

製作はワイルドスピード大好きと言うだけあって
その世界観でのフィニッシュ

クリアーボンネットに
派手なエンジンとワイスピを知っているからこその
作品になっております、

ファイル 351-1.jpg

ボディのブラックは
エアーブラシの基本中の基本、
塗装面は薄く そして綺麗に発色をさせることの
スキルで今回塗装をしてくれました、

ファイル 351-2.jpg

エアーブラシをもう一度基礎から学び
そして、そのスキルを自分の物にしてみたいの
心得で夢中になって塗っている姿勢は
これから先の作品に現れる事でしょう

GT-R COOL!でした。

作品タイトル
Knight
使用キット
TAMIYA NISSAN GT-R
製作者・OZAWA

集合!2

2017.11.21

オレブライアンコンテストX3

参加者エントリーNO2
ニッサン GT-R リバティーウォーク

OKAYASU氏の作品

今回はワイルドスピードのブライアンを意識しての
GTR作品、

ワイルドスピードを知っていれば誰もが知っている
このカラー
ブライアンGTRを最新のモデルで再現をしてくれました、

ワイスピ熱が伝わる作品

ファイル 350-1.jpg

シルバー色を塗る事は難しく
綺麗に色ムラのない輝きを求めて得たスキルで
ブライアンカーを塗っ魅せてくれました、

そして目を引くブルーのストライプ
あえてソリッド色を選ばす
透明性が高くリスクも高いマリンブルーをチョイスする辺りが
挑戦者の本気さが伝わってきます。

ファイル 350-2.jpg

あえて大型のGTウイングを選ばずダッグテールで
リアを引き締める演出
タイヤとオーバーフェンダーに隙間が出てしまうのを
嫌いパテでオーバーサイズにしている改造もしている
作品はCOOL!

作品タイトル
Respect
使用キット
AOSHIMA NISSAN GT-R
キット製作・OKAYASU

集合!

2017.11.21

19日オレブライアンコンテストの参加者が集まり
無事 終了となりました、

コンテストも今回で三回目ともなり数より一台入魂の
作品が本日からお披露目になります、

エントリーNO1.
サバンナRX-7で集まってくれたOKAYASU氏の一台

当店の講座後のブラック塗装、
全体の塗装面は薄く、そしてクリアーも上品な輝きと
これまでの作品の先を行く傑作になり
今回集まってくれました、

ファイル 349-1.jpg

オレブライアンコンテストと言う事で
ノーズからボンネットにまでデザインを入れ
サバンナ7の魅力に迫った作品になっております、

キットは古くから発売をしいている
アオシマ製のもの
古き良き時代のサバンナを感じられる作品になっております、

ファイル 349-2.jpg

サバンナの魅力のひとつ
大型リアスポイラー
当時はこのセブンのスポイラーを色々な車にパテ埋めをして
走っている元気なお兄さんたちがおりました、

作品タイトル
DAYTONA
OKAYASU氏にとって開幕戦になった一台
とくとご覧ください

COOL!

バンダイ1/144 ガンダムトリスタン

2017.11.11

お客様の作品紹介、

今回は当店の講習会キャラメカコースを
全て受講してくださった
OKAYASU氏の課題キット完成のお披露目です、

OkAYASU氏は以前からガンプラをこよなく愛する
モデラーさんで
当店でも指折りのガンプラモデラーさんです。

当店を利用をして
もう一度ガンプラの魅力を知り、また製作意欲を湧き立て
日々精進と寝る暇を惜しんで製作をしているそうです、

ではその作品がこちら、

ファイル 347-1.jpg

最初のインパクトが凄いでしょ!
これぞ!ガンプラ!

どこをみても妥協はせず!
丁寧に愛情を注ぎこんで作っているのが伝わります。

氏はこのガンダムを新たなスタートとし
ガシガシ!スキルが上がる事だと思います。

これからのOKAYASU氏が作る作品には
観る人に作者の心が伝わる作品(傑作)になることでしょう。

皆さんも、心で感じた事があったら
是非チャレンジをしてください、

※作品は当店に展示中。

では、また。

ガンダムプラモデル

2017.10.23

バンダイのガンプラ
Ms-09 ドム
スケールは1/144
そして久しぶりのお客さんの作品紹介になります、

当店もガンプラを作っている人はいます
でも、作品の紹介までには至りません、

ですが今回は順次発表をさせて頂き
盛り上がっていきましょうという感じで
ドンドン投稿をしてみますので
楽しみにしてください

今回の作品はこちら

ファイル 340-1.jpg

製作者のアイデアで
全身がジェラルミンで出来ている感じに仕上げており、
パネルの再現やデザインと
どれをとっても目を引く作品になっていると
思います

ファイル 340-2.jpg

自由に作るのもガンプラの面白さ
その面白さを伝えてくれる
作品になっていると思いますので
是非当店に観に来て頂きたい作品でしす。

詳しくはまた次回のお話し

キット製作・OKAYASU
※塗料・全てガイアノーツ製

では、また。

オレブライアンコンテスト 結果発表

2017.07.24

今月2日に終了しました
オレブライアンコンテスト、

沢山の作品が集まり賑やかなうちに無事 終了となりました。

そして今回は
コンテストと言う事もありまして
審査項目を用意しての作品一点一点の審査を行いました、

今回のコンテストで優勝をした作品のご紹介です、

ファイル 306-1.jpg

エントリーNo09 PUDDIN
映画 スーサイドスクワットをイメージしての作品

製作者のもつイメージをカーモデルという
キャンパスに描いた傑作。

エアーブラシの魅力でもあるグラデーション塗装
ボカシがどれだけできるかがエアーブラシを使っている
本当の意味
そのテクニックを多彩な色の表現で見事に見せてくれた
作品にもなり
決して真似のできないセンスの表れでもある
アートの世界

ファイル 306-2.jpg

どこから見ても抜かりの無い仕上がりを見せる塗装
オープンカーの見せ場のひとつ
内装にも徹底的に拘り 迷いのない仕上がりには
見るものを驚かせることでしょう、

アイデアがあっても作品に反映できない
技術があってもアイデアが無い
多くの人が悩んでいる答えがここにある作品を
魅せてくれました。

[今回は魅せる作品を作って頂き 有難う御座いました」
次回作もまたご応募をお待ちしております。
有難う御座いました。

こちらの作品は9月15日から開催されます
古河模型作品展会場にて展示をしますので
是非本物を見に来て頂きたい。

ページ移動