記事一覧

2月の終わりに、

2017.02.28

今日は久しぶりにOFFだったので
少し車を走らせ プライベートの買い物に出掛けてみました、

当店のお客さんにこんなお店があるよ!
って教えてもらい、
早速行ってまいりまして、
そこは埼玉県の伊奈町というところ、

東北新幹線の高架橋脇にある模型店です、
[え?]
私もお店を営んでるでしょう?って
そんなことはありません、
プライベートのキットは客として模型店に買いに出かけておりまして、

マナーの良いお客として
模型を楽しんでおります、

今回遊びに行ったお店は昭和からずっとあるお店で
あのガンプラブームも体験をしたお店だそうです、

今では少年から大人になった地元の常連さんが顔を出し
元気いっぱいの店主(おかみさん)がお店を切り盛りをして
いる模型店になってまして、

ついつい、長話をしてしまい
ご迷惑をおかけしてしまいました、

そうそう、
黒猫も店番をしているらしく
もう10年もお客さんを見守っているそうですよ、

ファイル 269-1.jpg

このお店は行ってびっくりしたことがありました!
なんと
このお店から歩くこと5分~6分のところに2年間も毎日
お世話になったていた会社がありまして

こんなに近くに模型店があったのに
全然知らなかった・・・
と驚きましたね、

そして話はもどりますが
お店に入って一番目につくところに
常連さんの作品が飾ってありました、

この作品がこの模型店の時をを教えてくれまして
楽しく買って、楽しく作って素晴らしい時間と共にヒラタ模型さんはあるのだなぁって教えてくれましたよ

すごくいい作品「傑作」に出逢える事ができました。
そしてその作品がこちら

ファイル 269-2.jpg

すごくいいでしょ!
拘りがあり 楽しく作っているのが伝わる作品ですよね

パールやメタリックを全身に使い
丁寧に仕上げてある一品です!

こんなお客さん達に囲まれている模型店はうらやましい限りですよね、
そして笑顔で迎えてくれたおかみさんに出逢えて
本当に楽しいひと時でした、

また遊びに行きますね、

でわ、来月でも。

如月

2017.02.14

一週間ぶりの更新になりますが
皆さんはどうおすごしですか?

二月の蒼空の下 私は東京は墨田区に出掛け
色々な場所や人物に会い 沢山の刺激をもらって帰ってきました

墨田区にあるスカイツリーは以前私がお世話になっていた会社
東武の倉庫がありまして 今では取り壊しになり
その跡地にスカイタワーが出来たという訳です

毎回工事を眺めては写真を撮っていた時期もあり
今のスカイツリーを見上げるとなんだかこみ上げてくるものもあります、

さて、話しは変わり
今回はパール塗装のお話しです、

パール塗装も沢山の表現や塗り方がありますが、
今回紹介をするのは下地を塗り
その上から被せて塗ってみた状態の見本になっております、

パール塗装をやってみて
表面に数回塗るとか、自分の加減で塗ってみるとか、
色々な塗装方法がありますが、
どれもこれも、ハッキリ分からず
どこら辺で塗るのをやめるのか?
どこまで塗っていものか?
などなど、あいまいな答えがついてきます

これは不正解ではなく
どれも正解の答えになりますが、

初めてパール塗装を経験した人や これからやってみようと
思っている人、いつも同じ感じにならなくて、
なんて悩んでいる人も多いかと思います

そこで、パールを塗るにあたり
ここが上限で、ここからは塗装面が厚くなるだけ
この上限まで塗ればご安心ください終わりですよ、
と 発色の上限が分かるパール塗料があれば
塗りやすくその途中の微妙な表現塗装の発色も覚えて
使いやすいパール塗料になると考えました、

そして、
このパール塗料は市販されている顔料(塗料)を混ぜることも
でき、どの色に混ぜて使っていただいても
パール塗装が出来るという楽しみもあります、

ファイル 268-1.jpg

そしてもう一つは
スケール感を考え、あまりパールの粒子が目立たず
しつこいギラギラ感を極力抑えて
塗った後はシットリするようになっておりまして、
塗装面がシルクのような感じになるように現在調整を進めております。

少し前から当 ブログにてUPをしております
ガンダムやモーターヘッド、バットモービルにも
もちろん使っておりまして
バットモービルになりますがブラック部分はブラックパール
そうですブラックパールの表現にも使えることも
テストをして可能な結果になりました

ガンメタルではなく
ブラックパールですよ
ワクワクしてきますよね、

カーモデルは勿論、キャラクターでもなんでも使える
パールカラーが登場します

使い方や塗り方などの細かい詳細はまだお伝えはできませんが、
着々とニューカラーの準備は進んでいますので
もう少しお待ちくださいね、

では、最後に

ファイル 268-2.jpg

名言
やるだけのことはやって、
後のことは心の中で
そっと心配しておればよいのではないか。

どうせなるようにしかならないよ。

ー 勝海舟 -

では、また。

エアーブラシ講座10コマ

2017.02.07

皆さん元気に模型を作っておりますか?
雪も雨も降らないこの古河では皆さん元気に模型を作っておりまして

今回は先日開催されましたエアーブラシ講座10コマの報告になります。

そして講座の内容とは、
リクエストがもっとも多かった光沢クリアー塗装、(トップコート)編になりましてこの度、開催をする運びになりました。

参加者は4名、
なんと何と!すべての参加者様が綺麗なクリアー塗装が出来まして

帰りには新しい自分のスキルになってコツをお持ち帰りして頂きました、

チョットしたコツ?
塗り方?
そんなものじゃありません!
一番は自分でも出来た!やればできるだ!
の自信が大事で

いままで苦手で出来なかったことや
何度やっても失敗をすること、
いつもできない、なぜできないんだろう、
の気持ちを「ほんの少しだけ背中を押してあげる」だけの事で
自信がもて、作品がガラリと変わり
自分で作ってみたかった未来の作品が少しだけ近づくのです、

ファイル 267-1.jpg

だれでもここまで作りたい、作れたらいいな、の気持ちが模型つくりの原点になっていると思います、

以前にも言いましたがネットやハウツー本では答えが出ません、
なぜなら?
そのネットやハウツー本をみて真似をしても
結局これであっているのか?間違っているのか?がハッキリせず

本やネットではちゃんとした答えを教えてくれませんからね、

講習会はそこが違います
本人にキチンと体験をしてもらい
その場で教えてあげられるってことが出来
どうして失敗をするか こうすればこうなるとか、
自分でその場で体験が出来てしまうのです、

そして、答えを知って、自分でも出来た事が
これからの作品につながっていくのです、

「自信をもって」ドンドン傑作を作っていきましょう、

ひとつひとつ目指していたものが自信に変わっていきますよ

ではまた、

講座8コマ(シルバー塗装編)

2017.01.31

今回もエアーブラシ講座のお話し

エアーブラシ講座の参加者様からクエストが多かったのも
シルバー塗装方でした、

シルバー塗装?
メタリック塗装ともいいますが、
特にシルバー色といえば、色ムラ・・・
塗装時につくスジ・・・

筆で塗った経験でもあればお解りだと思いますが
シルバーはキレイに塗れない
最近では筆でキレイに塗れる塗料などもあるようですが
エアーブラシの場合 塗料や道具の性能のせいにはできず
やっぱり塗るコツ(テクニック)が必要不可欠になります、

色ムラの話しに戻りますが、
塗っても塗っても色のムラが消えず塗った順番に
発色が違うシルバーの表面、そしてそれを消そうとエンドレスな
塗装を繰り返し いつまでも塗った経験はありませんか?

それと、スジムラ
こちらは よし!塗るぞ!っとエアーブラシで塗ってはみたものの
塗った場所がハッキリ分かるスジが付き
これもまた、消そうと塗り進めてはいくものの
やっぱり最後の最後までスジムラが消えず
キレイに均等なシルバーにならないってことはありませんか?

これが今回 お話をするシルバー塗装編になりまして、
チョットしたコツとエアーブラシのテクニックを皆さんに学んでもらい
均等な艶、塗りムラが無いシルバーを塗る事になります

ファイル 266-1.jpg

この塗装はもうお解りかと思いまが
カーモデルのキャンディ塗装の下地や
キャラクターのメタリック塗装にも使う事ももちろんできます

例えばガンダムなどの百式辺りを塗ってはみたが
ほとんどのパーツが発色の違いにより
バラバラの色味になってしまうって事もなくなる訳ですね

ブラックを塗る→シルバーを塗る→クリアーイエローを塗る
の順番でゴールドを再現しました
とか、作例がありますが 塗る順番は知っていいいても
ブラックをキレイに塗れなくてはダメ、
シルバーもキレイに均等に塗れなくてはダメ、
クリアーイエローも均等に同じ色味で塗らなくてはダメ!
って書いてないでしょ!

そこなんですよね、
知識は知っていても、本当にそれでいいのかな?
知って体験をして、経験に変えていかなくては
工程だけを教える見本になってしまいますよ、

そうじゃなくて、だれが見てもキレイに塗れてるなぁ
って作品を誰でも作りたい訳じゃないですか、

楽しいですよエアーブラシ
そして早くテクニックを身に付けて
自分の作品を 傑作に変えて楽しみましょう!

そしてエアーブラシ10コマは
最後の難問 クリアー塗装編になりまして
光沢のあるボディ「パーツを」仕上げてみましょうの
内容で 楽しいエアーブラシ講座になっております
是非、興味のあるお方は 当店までご来店
もしくは、メールにてご連絡をください、

では、また。

では、また。

チャレンジ

2017.01.27

今回はエアーブラシ講座のお話し、

去年の春から開催し
そろそろ一年が経とうとしております、

この講座は当店のお客様が
もう少しうまくなりたい、ちゃんと教わりたいの声で
開催をしている講座になりまして、

講座を受けて下さるお客さんもどんどん増え
もちろん 講座後のお客さんの作品も
見違える程の作品になりました、

この講座になりますが
スタートをするのは自分が作っている作品を
もう少しスパイスの効いた作品にしてみたい とか
いつも同じ感じで完成をしてしまう とか
ここがやっぱり苦手 とか
こんな風に塗ってみたいけど どうやって塗ればいいの とか
自分の作る作品に不満を持っている人にはもってこいの
講座になりまして、
スタートをしチャレンジをするのも楽しいものです

今回は私が作った作品をチラッとお見せしますが
このカーモデル
誰でも知っているフェラーリになりまして、
このプラモデルを作ったキッカケは
こちらの画像

ファイル 265-1.jpg

このなんとも言えない深いグリーンに当時の時間や空気が
凄く感じられ
この写真を目にした瞬間に こんな味のある
塗装をしてみたいと思ったからです、

プラモデルを作るキッカケなんて何でもよいので
作る意欲とチャレンジ精神です
そして、すぐには出来なくても
失敗を繰り返し作り上げていくものですから
ドンドン失敗を繰り返しちゃいましょう

ファイル 265-2.jpg

そしてこの講座を受けると、どんな風でも塗れちゃうの?
どんなキットでも作って塗って完成できるの?

その疑問が頭をよぎりますが、
もちろんすぐには出来ません

ですが、各自が作りたい作品を少しでも近づけるように
ご指導いたします、

私のフェラーリキットになりますが
皆さんの頭によぎる事は何色で塗ったらこうなるの?
まずはここでしょう、

それでいいのです
その疑問があるようでしたら是非
当店でチャレンジをしてください、

そして、グリーンに見えるボディですが
これはガイアカラーの蛍光ブルーグリーンで塗ってあり
下地からきちんとテコ入れをし
塗り重ねてこの仕上がりにしております、
真似をして同じ色で塗ってもこうにはなりませんよ、

少し興味がわきましたか?

他人には真似が出来ない
自分だけのオリジナルレシピと塗装方で
作品を仕上げてみませんか?

エアーブラシ講座でおまちしております、

ではでは。

これもまたロボット

2017.01.23

今年に入りキット製作が順調に進んでおりまして
2017年度一発目の完成キットになります、

私にとっては久しぶりのMH(モーターヘッド)制作になり
これがまた、楽しかったってもんじゃありませんでした、

私の中のロボット概念をことごとく打ち崩してくれた
漫画ファイブスター物語に登場する主役機のロボットになりまして、

少年期をガンダムで育った私には、
その後青年になって頃に出会ったロボットが
今も忘れられず大好きなロボットメカになった訳です、

ファイル 264-1.jpg

バンダイの作るロボットプラモデルで
育つ事が悪いわけではありませんが

同じ日本にもこんなにかっこいいロボットプラモデルが
ある事を知ってほしいのです、

そして、
色んな物を知って、興味をもち、
手に取ってみてもらいたいのです、

キャラクターに限らず
プラモデルを作る、作りたくなるって事は、
そのモノをもっとよく見たい、知りたいの気持ちの
現れだと思います、

キットを手にする、キットを作るのが
そのモノを一番よく理解する事に繋がるからだと思います、

ファイル 264-2.jpg

〇〇〇〇ってキャラクターが大好きで、今はそこにしか興味が無くても
周りを見れば、その大好きなキットを
もっといいものに変えるアイデアや
自分にとってスキルアップをする事のできる
キットやアイデアが沢山転がっているのです、

あれもこれもやってはダメって言うのは不正解で
一つのモノを極めたければ
あれもこれも手を出し全てを知ってからこそ
極める事が出来るのです、

※余談のなりますが
このMHプラモデルはガレージキットを作った事があるとか
ガレージキットを持っているからとか
ガレージキットを知っている人には
絶対のお勧めです

作って驚き、勉強にもなり、
ガレージキットを知っている人だからこそ作ってニンマリとする
キットになっていると思います、

私はガレージキットから数え5個目のシュペルターになりますが
これからも作るんでしょうね
大好きなキットは何個作っても楽しく
皆さんもそんなキットに出会えればいいですね、

では。

エアーブラシ講座(6)コマ

2017.01.17

今回紹介するのは、
エアーブラシ講座6コマを受けてくれたお客さんの作品です、

講座内容は「陰影」いんえい

影。深みをいいまして、
絵を描くときには必ず使っている技法になります。

この陰影を使った作品「模型」を作るのが私の中では当たり前の事でした、
しかし周りを見ては色をキレイに平らに塗った作品ばかりで、
模型をボックスアートや絵のように塗ってみたいと作っている人達がいないことに気づかされました、

そこで以前にも紹介をしました
悪魔のZやその延長線上のフェラーリF430を塗って見せたところ
大反響を頂き
陰影をつけて塗る事を知らなかっただけで
皆さん興味はあるのだな!と手応えを感じました。

そしてエアーブラシ講座の6コマ
陰影塗装方となり、今回はその技法を使って作ってくれた
お客さんの作品紹介になります。

まずは観て頂きましょう、

ファイル 263-1.jpg

どうですか皆さん、高級感のあるオモチャっぽさがない
フェラーリになっていると思いませんか?
製作者のパンチの効いたフェラーリですよね、

陰影を考えて塗りまるで絵を描いたかのようにレッドに深みを持たせ6コマの技法で塗ってくれました、

このフェラーリは撮影時にライト照明や撮影後の加工は一切行っておりません、

照明の当て方で影をつくり撮影をするなんてことはしなくても
最初っから作品に陰影がついているので、
誰が見てもこのように見えるのです、

そして紙に絵を描き影を付けて塗る訳ではないので
立体物に陰影をつけて塗ると つじつまが合わない?
なんて事を考えますが、
講座を受けて頂ければこの通り、陰影の入った深みのなる作品
「傑作」が自分の物に「スキル」になるのです、

皆さんやってみたいとおもいませんか?
講座の受付はメールにてご連絡ください

※電話での講座ご予約は受け付けをておりません、

受付先
progressmodel@yahoo.co.jp

エアーブラシ講座参加希望と入れ送信ください
後日内容のご説明を入れ返信したします。

皆さんの参加お待ちしております。

2017 作品投稿

2017.01.10

2017年が始まり2週間が経ちました、
皆さん新年も模型を作っておりますか?

当店では昨年から塗装三昧のお客様が増え、
エアーブラシの音色が毎日遅くまで響いております、

そしてカーモデルが大流行りの当店では、
「え?なぜ?」

それは簡単なこと、
エアーブラシ講習会を受けてからと言うもの、塗装の楽しさや
完成をしていくキットの出来が、驚くほどに変わっていくからです

エアーブラシを使っていれば、
まずはキレイに塗ってみたいと言う気持ちが誰にでもあるし、
その技術を身に付けるには まずはカーモデルが最高の教材になるからですね、

そしてこれが今回のお客さんの作品です

講習会を徹底的に受講し
塗り方の基本から見直し、徐々にスキルアップを感じられる
作品になったと思います

ファイル 262-1.jpg

細かい事はとやかく
完成をした作品を観て頂きたい、

単調に赤の塗料で塗ったのではなく
何層も何層も色んな色を選び塗り重ねて塗った
フェラーリになりました、

全くのオリジナルレッドフェラーリの完成です、

指定色を選ぶのではなく
自分のアイデアで自分好みのレッドを再現しようと
日々格闘をして頑張っている
お客さんの作品です、

皆さんがこの作品を観て
どういう感想を持つかはわかりません、
失敗もあります、まだまだの所もあるでしょう!
ですが、他人に言われるまでもなく
本人が一番分かってるのです

諦めず、一歩一歩前進をして
高みを目指していく姿勢は教わるところがあるのではないでしょうね、
そんな気持ちが伝わる作品になりました。

【店長からの一言】
簡単に出来てしまう作例のプラモデルを紹介するのもいいかもしれませんが、
簡単に出来てしまう作例をみんなで真似をして
何が面白いのか?
それが本当に趣味っていえるのか?
やるからには一番をとってやりたい!
出し抜きたいって誰でも思っているでしょう!
なら、ハードルの低い模型を楽しんでいるのではく
高いハードルを越えてみたらどうでしょうかね、
そのハードルを越えようとしているメンバーが当店の受講者なのです。

では。

ご挨拶

2017.01.02

新年を迎え
晴れ渡った冬の空が広がる古河から
明日3日の営業開始になります、

昨年はイベントに加えエアーブラシ講座なども
始まり多くの皆さんにエアーブラシ塗装の楽しさを伝えられたと思っております

そして、今年も皆様の声でエアーブラシ塗装講座を
出来る限り続けていけるよう 頑張りますので
今年もまた よろしくお願いします。

ファイル 261-1.jpg

さぁ!今年も突っ走っていきましょう!!

年内営業のお知らせ

2016.12.18

プログレス年内営業のお知らせ、

本日12月18日より23日までの6日間、
誠に申し訳御座いませんが、臨時休業とさせて頂きます、

より良いサービスを心がけるように、
この度は臨時休業をすることに致しました。

お客様には大変ご迷惑をお掛けしますが
ご理解のほど、宜しくお願い申し上げます。

また年内の営業は29日までとさせて頂き、
新年の営業は3日からとなりますので
宜しくお願いします、

ページ移動