2016/05/16
「模型が造れるお店 Progress 模型講座」次回は・・・
昨日、「模型が造れるお店 Progress 模型講座」二回目が終了致しました。
今回は「エアブラシの基本」を学ぶという内容でした。
前回よりも参加者が増え、講師である岩田店長には一日三回の講習を
ビッシリと努めて頂きました。ありがとう御座いました。
受講した参加者が日常的に練習出来る方法も教えて頂き、
帰宅後は皆さん各々で練習に励まれているのではないでしょうか。

前回の「ニューラスト塗装方」、今回の「エアブラシ塗装の基本」と、
思いもつかない技術と、目から鱗が落ちる様な内容に参加している私も
ただただ驚くばかりでした。
自身で試してみたくなる技法の数々、今回もまた更に模型作製の楽しみを
再発見出来ました。充実した時間でした。

月一で開催される「模型が造れるお店 Progress 模型講座」は
毎月第三日曜日に開かれています。
次回は6月19日(日)になります。
講習内容はエアブラシ塗装の基本が終わり、更に発展した内容になるとの事。
今から楽しみです。
また、講座はPM1:00〜、PM3:00〜、PM5:00〜の三部制になっているのですが、
回を重ねる毎に、以前の講習内容も教わりたいとの要望が増えると思われます。
よって、三部制を午前中も含めた四部制に変更し、
各部に異なる講習内容を割り振り、未受講の講座があれば希望に応じたいと
岩田店長も言われていました。
一か月後の事なので、早々に詳細を決定し報告致したいと思います。

本当に為になる、楽しい時間をありがとう御座いました。

123-s-1.jpg123-s-2.jpg123-s-3.jpg

2016/05/07
「模型が造れるお店 Progress」月一模型講座
「模型が造れるお店 Progress」月一模型講座のお知らせです。

日時:5月15日(日)PM1:00〜
内容:「エアブラシ塗装、基本中の基本講座」
料金:講習1h「2000円」+「Progressブース代金」
  (一講座はおよそ二時間行程の講習を予定しております)

以上になります。

講師を努めるのは「Progress」店長 岩田氏になります。
プロのフィニッシャー工房に身を置き、長年に渡り製作依頼、
一般商用品のフィニッシュを手掛けてこられました。
前回の「ニューラスト」を使用した「サビ表現塗装講座」も好評で、
それに引き続く第二回目の講座になります。

今回の講座内容は「エアブラシ塗装の基本」になります。
エアブラシを用いて塗料を均一に、綺麗に吹き付ける事から学びます。
私は以前、個人的に岩田氏より、この技術に関して手解きをして頂きました。
「均一に綺麗に塗料を吹き付ける」の意味が今一つ分からず、
自分は経験も長いので、基本は出来ている体で模型を作っておりました。
しかし、いざ岩田氏の塗装を施したパーツと自分のパーツを見比べると、
その違いは一目瞭然でして・・・愕然とした事を今でも覚えております。
その後、基本を確りと身に付けられる様、練習法も教えて頂き、
時間があればその練習に明け暮れている毎日です。
まだまだ拙い手前ですが、基本を徐々に身に付けられている実感はあります。
何より曇りや淀みのない綺麗な塗幕が自分の手で表現出来るようになると、
塗装作業自体が段違いに楽しくなりました。
自身の拙い技術を誤魔化す為にウェザリングを施したり、
出来ているつもりでグラデーション塗装等をやっていた事に気付かされました。
一から塗装方を学び直す切欠になり、模型製作する楽しみをこの歳になって
更に見つけられた事が非常に嬉しかったですね。

意外とこの「基本」を疎かにしているかたは多いと思います。
基本を知らずとも塗装は勿論出来るのですが、
より良い物を作りたいと思う気持ち、
自身が知らない技術と知識への好奇心があれば、
「Progress模型講座」の内容に満足して頂けると思います。

私も来週は復習のつもりで、もう一度学びたいと思っています。

「Progress 月一模型講座」受講希望のかたは直接「Progress」にて
参加受付をして頂くか、
このHP内にある「メールフォーム」からお申込み下さい。

講座開始時間はPM1:00から二時間をみております。

今回はエアブラシ塗装講座になりますので、
受講者のかたは普段使用されているエアブラシをご持参下さい。
ご持参されなくとも「Progress」のレンタルをご利用頂けます。
その際は講座料金にレンタル料が可算されますので、御了承下さい。

今更聞けない。聞きたくとも誰に?何処で聞けば良いのか?

「Progress月一模型講座」にてお待ちしております。

どうぞ宜しくお願い致します。

122-s-1.jpg122-s-2.jpg122-s-3.jpg

2016/05/02
2016年度〜始動〜
5月に入り古河模型サークル「承」のメンバーも固まりました。
いよいよ2016年度の活動が開始されます、
メンバー一同で今年度も精力的に活動致します。
どうぞ宜しくお願い致します。

先ずは「模型が造れるお店 Progress」月一講座のお知らせです。
今月は5月15日(日)PM1:00からとなっております。
講座内容は「エアブラシ塗装、基本中の基本」になります。

エアブラシを用いた塗装では塗料を均一に吹き付け、
綺麗な塗膜を形成させる事が基本になります。
しかし、この基本を意外にも軽視しがちです。
綺麗なグラデーション塗装もウェザリングも、この基本があってこそです。
塗装の上手なかたは何よりもこの基本が確りとしていますね。
一から基本を学び、自身の技術を立て直すというのが目的です。
軽視と述べましたが、この基本を目で見て、確りと頭で理解しながら
キチンと学べる場所も機会も少ないかもしれません。
それが軽視に繋がるかとも思います。
エアブラシの性能を100%活かせるか、それとも無駄にしてしまうかは
この基本をどれだけ知っているかに掛っています。
学べる機会が少ない技術だからこそ、講座内容に取り上げて頂きました。
講師を務めて頂くのは前回同様、プロフィニッシャーとして活動されている
「模型が造れるお店 Progress」店長、岩田氏になります。
模型完成依頼から市販の完成品フィニッシュまでこなすプロ中のプロです。

プロから学ぶ基本中の基本。
講習時間は2時間をみております。
料金は1hにつき「2000円」+「Progressブース代金」になります。

興味のあるかたは「模型が造れるお店 Progress」へ直接御問い合せ頂くか、
このHP内のメールフォームにて御連絡下さい。

また、古河模型サークル「承」展示会の予定も決まりました。
7月18日(日)、「海の日」の祝日開催になります。
場所は古河市 道の駅「まくらがの里」です。
AM10:00からPM4:00までの開催時間となります。
不特定多数のかたがたが足を運ぶ道の駅、しかも祝日になります。
この場所にて古河模型サークル「承」のPRを含めた展示会を開催致します。
開催はまだ少し先ですが、この展示会の詳細が決まり次第、
このHPにて逐一告知をさせて頂きます。
2016年度の活動はここから始ります。

どうぞ宜しくお願い致します。


※「Progress模型講座」今回はエアブラシ基本講座になります。
当日参加されるかたは、ご自身で使用されているエアブラシを持参して頂くか、
「Progress」のレンタルエアブラシをご利用ください。
レンタルを利用する場合は別途料金が掛かります。
ご了承下さい。

121-s-1.jpg121-s-2.jpg121-s-3.jpg

2016/04/21
会員更新手続きにつきまして
先日、2016年度より会員の規定を変えさせて頂く旨の連絡を
運営よりさせて頂きました。

突然の通達にも関わらず、殆どの方に了承を頂く事ができ、
運営と致しましても、ホッとするよりも気が引き締まる思いでした。
先ずは7月に開催予定の展示会準備を進めております。
「承」のPRをメインに据えた大事な展示会となります。
5月に入りましたらば直ぐに詳細を報告出来ると思います。
どうぞ宜しくお願い致します。


※会員更新手続きは4月中が期限となっております。
 未だ更新されておらず、会員継続を御希望されるかたは
 今月中に「模型が造れるお店 Progress」にて手続きを
 お願い致します。


 

120-s-1.jpg

2016/04/18
次回へ
17日(日)に開催致しました、
「模型が造れるお店 Progress模型講習会」。
無事に終了致しました。
集まった受講者皆が楽しみながら、そして初めて目にする技術に感激しながら、
ガッツリ模型製作をした一日となりました。

「作り方にもう一工夫欲しい」
「模型製作への理解力を深めたい」
「今まで作ってきた物とはまた違う仕上げに挑戦したい」
「表現の幅を広げたい」

そんな欲求を持つ人達が当日は集まりましたので、
非常に濃密な時間でしたね。

講師を務めて頂いた岩田店長、貴重な時間をありがとう御座いました。
また次回の「模型講習会」どうぞ宜しくお願い致します。

本当に楽しかったです。

119-s-1.jpg119-s-2.jpg119-s-3.jpg

2016/04/13
「模型が造れるお店 Progress 模型講座」
かねてよりお知らせ致しておりました
「模型が造れるお店 Progress 模型講座」の詳細が決定致しました。

日時:4月17日(日)PM1:00〜(実質二時間程度の作業になります)
場所:JR古河駅東口「模型が造れるお店 Progress」

内容は先日発売になりました「ニューラスト」カラーを使用し、
模型における様々なサビ表現を学ぶ事になります。
講師は造形、フィニッシャーのプロとして歩んでこられた岩田店長です。
岩田店長が「Progress」HPやTwitterで紹介している「あの」サビ表現を学びます。

当日使用するキットは個々に持ち込んで頂くか、
「Progress」にてお好きなキットを購入して頂いても結構です。
キットを持ち込まれる場合は、サーフェイサーまで塗布した状態で
持ち込んで頂く事をお勧め致します。
直ぐに「ニューラスト」を使用した工程を行えますので、
時間を有効に使える事にもなります。

講習時間は二時間〜三時間をみております。
講習料金につきましては、レンタルブース代金を含めまして「5000円」となります。

プロが施す、雑誌やネット等では流布されていない技術、技法を
時間内に確りと学ぶ事が出来るプログラムとなっております。

完成した模型に一歩踏み込む形で彩りを加える「サビ表現」。
これまでは様々なマテリアルが販売されておりましたが、
「ニューラスト」を使用した方法は岩田店長が独自に発案された
今回の講座が初公開という技法になります。

今まで模型を作ってこられて、もう一工夫欲しいと思われるかた、
全く新しい技術に興味のあるかた、
更にプロの技法とはどの様なものか興味のあるかた、
4月17日(日)の「Progress模型講座」へ参加してみませんか?
参加者大募集中です!

参加ご希望のかたはこのページ内にあるメールフォームにてご連絡ください。
また当日の時間までに、会場である「Progress」へ直接来ていても結構です。
現在、厳密な参加可能人数は設けておりませんが、参加人数によっては、
当日の講習開始時間をずらし対応させて頂く可能性も御座います。

また、講習当日に工具等を持ち込めないかたは、
「Progress」のレンタル工具が利用出来ます。
レンタル工具利用代金は別途頂く事になりますので、
詳しくは「Progress」HPを御参考下さい。

今回から始ります「模型が作れるお店 Progress模型講座」、
初回からいきなりの模型を彩る技の勉強になります。
聞くには聞けない、プロの技法、技術を確りと当日は学べます!

どうぞ宜しくお願い致します。

※「模型講座会」に使用する「ニューラスト」カラー、
既にお持ちのかたは持参して頂き、お持ちでない方は
会場である「Progress」にて取り扱い中です。
別途、お求め頂けるようお願い致します。



118-s-1.jpg118-s-2.jpg118-s-3.jpg

2016/04/09
2016年度活動予定
新年度に入り、新たしい生活をスタートされたかたも多くいらっしゃると思います。
「承」の中からも新社会人として羽ばたいていったメンバーがいます。
現在は古河から離れ研修中の身、一回りも二回りも大きくなり帰ってくる事でしょう。
「承」も今年で活動3年目に突入致しました。
サークルとして更なる飛躍を目指し頑張る所存です。

本日は「承」2016年度の活動内容と致しまして、
現在決定しているものをお知らせ致します。

7月には小規模ながら展示会を予定しております。会場と日時は現在交渉中です。
子供達が夏休みに入り、人の足が外へ向く時期でもあります。
多くの来客がある会場の一部を間借りして開催する予定です。

その後、9月には定例の「古河模型作品展」を開催致します。
こちらも会場と詳細な日時を交渉中です。
定例と申しましても、年毎に趣向を変えマンネリ化しない展示会を目指しています。
今年は一カ月前倒しの開催になりますが、展示作品は昨年以上の内容と数をもって、
大々的に開催出来るようにと今から計画しております。

そして11月には、その年の集大成「力作展」を開催致します。
「承」メンバーが一年間に製作した作品の中から自薦他薦も交えて
「これは!」と思える
そんな作品を集めた展示会になります。

2016年度の展示会開催予定は現在決定済みのものが以上の3つになります。
その他、依頼にての企画開催、他サークル活動への参加も視野に入れております。
更に数回、活動予定が増える可能性もあります。

以上の予定を元に「承」メンバ-個々にも連絡を取らさせて頂きました。
今年度より会規定の一部が変更になる都合もあり、合わせての連絡となりました。
多くのメンバーから、この変更点を快く了承して頂きホッとしております。
つきましては、4月中に活動拠点である「模型が造れるお店 Progress」まで来て頂き、
会員更新を行って頂ければと思います。

更に今年度より新たな活動が増えました。
活動拠点の「Progress」を会場とした「模型講座」を開催致します。
以前より構想していた企画がいよいよ実現致します。
「模型が造れるお店 Progress」店長、そして「承」顧問の岩田氏が
講師を引き受けて下さいました。
造形活動から模型製作活動まで、厳しいプロの道を歩んでこられた本物の講師です。
やっとの実現に心がワクワクします。
今更聞けない基本的な事から、一般には出回らないプロの技術、知識まで、
毎回、講座内容を変えながら定期的に行う予定です。

初回はプレ開催という意味合いから「承」の運営のみの参加という形になりますが、
その後は順次、広く一般からも講座参加希望者を募りたいと考えております。

初回4月17日(日)PM13:00から三時間の工程になります。
講座参加者は今回のみ「「承」運営者」ですが、
見学希望の方はどうぞ遠慮なく、「Progress」まで足を運んでみて下さい。
初回内容は、先日「Progress」より発売になりました「ニューラスト」塗料を使用し、
様々な表現を手順を踏まえて覚えようという内容です。
ネットでも話題になり、新たな「錆」表現として誕生したこの「ニューラスト」
岩田店長は非常に多くのアプローチを用いて、
この「ニューラスト」を作品の彩として取り入れておられました。
素人では到底思い付かない方法、技法。
模型製作を嗜んでおられる人ならば絶対に知りたい内容ですよね。
ネットや模型雑誌の記事を読み「知識」だけ溜めこむだけでなく、
実際に手を動かし、技術を身につける講座です。
これが楽しくない筈はありません。

この「Progress模型講座」の情報はこの「承」HPにも随時更新致します。

今後の予定をお楽しみに!

2016年も精力的に活動致します!
どうぞ宜しくお願い致します!!






117-s-1.jpg117-s-2.jpg117-s-3.jpg

2016/03/28
塗った部分を落とす
パーツを塗っていて、「あ〜失敗」という経験は誰にでもあると思います。
私も度々そんな事態に陥ってしまうのですが(汗)
そんな時は「模型塗装用シンナー」を使ってパーツをゴシゴシとやってました。
上手くいけば施した塗料部分を取り除く事が出来たのですが、
シンナーにそもそものプラスチックが侵され、パーツがダメになる事も(汗)
ヤスリがけで塗装部分を丁重に落とす方が安全ですが、
手間も掛り、奥まった所はどうしても落としきれない塗料が残ってしまいます。
ましてや細かい繊細なモールドがビッシリあるパーツではもう
塗料を落とす行為自体を諦めざるを得ません。

今回、そんなパーツをやってしまいました。

「サーフェイサー」→「ブラック」→「シルバー」と順に塗ってから失敗と気付き、
更にその失敗をリセットするつもりでもう一回「サーフェイサー」を施しました。
「サーフェイサー」で塗膜をサンドしている状態ですので、もうガッチリ喰いついてます。

「あ〜これはもうダメだ(泣)」

諦めかけたのですが、塗料を落とすマテリアルがあると聞き、
早速試してみました。

画像は少し分かりにくいですが、グレーのサーフェイサーを施されたパーツがります。
表面には細かいモールドがビッシリです。
このパーツが浸る位の器を用意し、セットします。

そこへ今回使用する「ガイアノーツ ペイントリムーバー」を注ぎます。

10分程でしょうか、パーツを浸けたまま待ちます。
ここであまり時間をおき過ぎると、パーツを痛めてしまうのではと、
そんな危惧もありましたが、説明書にある通り10分は確りと浸けました。

10分後、器にパーツを浸けたまま歯ブラシ等でパーツを磨きます.
器は落ちた塗料で真っ黒に(汗)これは期待出来そうです。

その後、パーツを取り出し綺麗に中性洗剤で洗います。

リムーバーに浸けたパーツは・・・見事に綺麗なグレーの成形色まで元通り。
パーツ自体は勿論、繊細なモールド部分にも全く異常は無し。
完全に塗料が落ちた状態になりました。

これには少し感動しましたね。
リムーバーは溶剤ですが、それほど強烈な臭いは発しません。
油性ペン程度の臭いですね。
作業時間も短く、ここまで完璧にサーフェイサーまでも落とせるのなら
大満足です。
ただし、パーツの大きさにもよりますが、使用量は比例して多くなります。
よく失敗をしてしまう方には大きいボトルの方がお得です。
また、ABSの様な軟質素材パーツは使用NGの様です。

この点だけ気をつければ、塗装の失敗はもう怖くないと。
いやはや・・・便利な世の中になりました。

早速、塗り直します!

116-s-1.jpg116-s-2.jpg116-s-3.jpg

2016/03/19
第二回「Progress展」
本日3月19日(土)から3月21日(月 祝)の三日間
場所は古河「坂長 袖蔵ホール」にて開催されております
「第二回 Progress展」
今年も「模型が造れるお店 Progress」岩田店長が企画して下さいました。
「Progress」は「古河模型サークル「承」」発祥の地であり、
大事な本拠地であります。
また岩田店長は「承」の発起人でもあります。
「承」の中でも日頃よりお世話になっているメンバーが
今年も作品を出展させて頂きました。
初日は朝からあいにくの雨模様だったのですが、
岩田店長をはじめ、「Progress」の仲間が集い準備致しました。

「Progress」のブースでワイワイと楽しく製作した作品が
今年も集まりました。
そして、作品展示だけでなく使用塗料の参考展示も行われ、
「この作品はどんな塗料で塗られているのだろう?」という疑問に対して
一目でその内容が分かる斬新な展示となっておりました。

長年模型を嗜んでいても、使っている塗料は特別なものではなく、
いつでも、誰でも手に入れられるメーカー製の塗料のみ使用しているとの事でした。

メーカーさんが試行錯誤を繰り返し世に出した塗料ですから、
色調などせずとも、そのまま塗ってもこれだけの作品になるという
良い例を展示されていると改めて思いました。

ただ作品を観覧するだけでなく、何か新しい発見がある
そんなアイディア満載の「Progress展」。
我々が行う展示会とは一味も二味も違う、勉強になる内容でした。

明日からも同じ時間帯で開催されております。
古河市のかたは勿論、県外の方でも足を運んで下さい。

模型を楽しく続けられる更なる発見がそこにはあります。

また勉強になりました。

115-s-1.jpg115-s-2.jpg115-s-3.jpg

2016/03/06
知識と実経験と
こんにちは。

今、時間の合間をみてあるキットを組んでいます。
このキット、メッキを施したパーツがあります。
メッキパーツ自体は勿論そのまま使っても雰囲気はバッチリと出る
綺麗なコーティングが施されているのですが、
ここは一つ、メッキを剥がして塗装してみようと思いました。

・・・剥がし方のノウハウは知識として持っていたのですが、
実際にやるのはこれが初体験(汗)
このキットもジャンル的には作った事のない物です。
子供の頃から模型に親しんできたとはいえ、
まだまだ未開の部分が多く残っていますね(汗)

では、知識を経験に変える為にやってみます。

先ずは、メッキパーツを模型用シンナーで洗います。
これはメッキ表面に施されたコーティングを剥がす為です。
画像はまとめて下に掲載しておりますが、金メッキの綺麗なパーツが
この時点である程度剥がれてきました。
ん〜あまり長時間シンナーに漬けておくとメッキそのものも
浸食して剥がれてしまうのですかねぇ・・・
しかし、メインのメッキ部分はまだ多く残っていますので次の工程へ。
キッチン用の漂白剤(塩素系)を水で希釈しパーツをドボンします。
これも時間的にどれほど漬ければいいのか分かりません。
漬けたパーツを監視しながら、3時間ほどでしょうか・・・
陸揚げされたパーツは綺麗にメッキが落ちておりました。
外したランナーと比べると一目瞭然ですね。

見ると所々にメッキが残っていますね。
これはシンナー洗浄する際の見落とし部分でしょうか。
また白く変色した部分も見受けられます。
ここは逆にシンナーにパーツ自体が浸食されてしまったのか・・・
はやり初体験の作業は分からないことだらけです(汗)
まだまだ経験が必要ですね。

でも知識だけで持っていた事を、手を動かす事によって経験に変えられる
その瞬間はやはり今でも楽しいです。

初体験だけに上手くいかなかった部分もありますが、
このメッキ剥がし、一先ずはこれで良しとします。

あ、あとこの作業、シンナーと漂白剤を使用しますので、
冬でも部屋の換気は絶対にしなきゃダメです(汗)
ダブルの臭気で確実にやられます(汗)
御注意ください。

114-s-1.jpg114-s-2.jpg114-s-3.jpg

- Topics Board -